2012年12月24日

オイル漏れ対策12-12

本日、16:30から、オイル漏れの点検予定でした。
16:10頃到着し、間もなく点検開始。

結果は漏れ箇所は見受けられない。
との事でした。
*********
そうすれば、後は…
オイル下がりやオイル上がりか?
ターボのオイルシールの劣化で漏れ出ている場合が在ります。
ETC.

ターボに関しては失念していました。
そういえば、最近「ヒューン」という吸気音がしていません。
エアダクト内部もオイルで過剰に濡れているし…可能性大です。
********
オイル下がりやオイル上がりはシリンダーヘッドを開けての修理の様子。
オイル下がりはバルブシートの交換?

交換して直らない場合、ピストンリングの交換の為、再度開けなければなりません。
しかも、シリンダー壁面にも影響が在る可能性が…ETC.

私なら、暫く現状のまま様子を観ます…ETC.
******
トラックと違い、乗用車用ディーゼルで20万km以上でのロシナンテ号のコンディションは良いとの事。
あと、10万kmは乗りたいのですが…?
何時エンジントラブルを起しても不思議ではない走行距離ですので…。
現状のオイルの減り具合でしたら、暫く5000km毎のオイル交換で問題ないと思います。

ターボ交換は23万円位?
ご参照;ターボ交換見積もり12-12.pdf
リビルトを探して…と、その前に貯金しなきゃ…デスネ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61000883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック