2016年01月30日

耐寒BDF理論16-01-30

耐寒BDFタイプGで−25℃のフィルター目詰まり点。
耐寒BDFタイプRで−38℃のフィルター目詰まり点。
使用する原液は同一で、マイナス一桁の目詰まり点。
原液とタイプGのそれぞれの成分割合はコンナ感じ。
 成分 原液タイプG
 パルミチン酸メチルエステル 8.5%2.9%
 ステアリン酸メチルエステル 2.9%0.4%
 アラキジン酸メチルエステル 0.5%0%
 オレイン酸メチルエステル 50.4%55.5%
 リノール酸メチルエステル 28.3%31.3%
 リノレン酸メチルエステル 7.7%8.6%
 その他 1.7%1.3%
合計100%100%
過去3年ほど前に公開していました。
耐寒BDFは特別にリノレン酸成分や低分子脂肪酸成分が多い原料廃油を使用した訳では在りません。
造ったBDFに流動点降下剤を混ぜて、飽和脂肪酸メチルエステル成分等の高融点成分だけを除去。
誰にでも加工可能のモノです。
但し、面倒くさいんです。

簡単に出来る方法を探っています。
簡単に出来たら、特許モノ。
誰か取ってみない?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173092161
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック